top of page

ロレックス裏蓋の刻印消し


細かい時計の事はわかりませんが、刻印消しはジュエリーだけでなくよく行います。

私としては、なんでなんだろうと思います。

私は勝手に古いものなら残した方がカッコいいと思ってしまいます。


世の中はそうではないようです。


この様にきれいにできます。

このタイプの仕事をすると、文字の意味などが気になってしまいます。

何かの記念品で、意味があるんだろうと思います。


詳しくはわかりません。

というか、聞きません。

私は性格上、細かく聞いてしまって、消さないという選択をしてしまうからです。

消したい人がいるなら、素直に消すのも職人の大事な仕事です。


ここは無言で、完璧にきれいにしました。


まるで何もなかったかのようですよね。


奇麗に仕事ができると嬉しいです。


今の問題は、


この様な、内側にある。丸をたくさん敷き詰める研磨です。


私たちは勝手に磨いてしまうので、このような模様の大切さがわかりません。


そろそろこの研究もしないといけません。

新品仕上げだけでは、アンティークの仕事はできません。

というかこれを奇麗にできたら、素敵に仕上がります。


来月からちょっと研究開始します。



閲覧数:1,013回0件のコメント

最新記事

すべて表示

カルティエのパンテール風のプラチナダイヤのサンプル製作開始です。

とりあえず、シルバーで、2ミリのキュービックジルコニアでトライしました。 やはり、2ミリで攻めるとダイヤの競り合いが起こり、立体的に留めざる得なかったです。 なので一部、面がぐちゃぐちゃでした。 仕方ないです。 今度は、プラチナにダイヤです。 ダイヤの場合は、1.5ミリの中には1.4や1.6も混ぜています。 なので細かいところサイズを変えることが出てきます。 もっとやりやすいです。 だだ、サイズか

4月5月はほんとに忙しかった。

やっと、時間に余裕ができまして、むつかしい作業や時間のかかる作業が取り掛かれます。 4月5月で変わったことは、まず部屋の引っ越しが終わり、きれいな部屋でいい生活しています。 さらには、店舗内のサーバーなどの設定も終わりまして、これからやっとHP制作に取り掛かれます。 しかしそんな中、これからやっと自分の作品の制作や規企画に入れます。 なのでHPは後回しになりました。 別にHPは、今のものでも最低限

Comentarios


bottom of page