top of page

K18のピアス修理 修理箇所ほとんどがわからない。きちんとしたロウ付け修理 山形のお客様です。

ネットのおかげでの本全国から修理のお問い合わせありがとうございます。

たまに海外から写真画像の問い合わせメールもいただきまして、誠にありがとうございます。

この度は、山形からのピアス修理です。


お写真に際には、少し作業に不安がありました。

お品物を見てさらに不安が増しました。

付け根が、クルクル巻いてありますが、これの機能がきちんと生かせるか生かせないかがこの修理の重要なところです。

いろいろ試案しました。

なかなかどうやれば、バネ性を保ちながらきちんと修理できるかが一日悩みました。

基本的にariraでは、悩むのは他の仕事をしながらです。

他のピアス修理をしていると、いろんな過去のことなどを思い出します。

その中で出た答えは、完璧なロウ付け溶接です。


最近は、レーザー溶接機などを借りたりして、技術力はかなり上がってきています。

そんな中でこの修理は、ロウ付けによる修理がやはりベストでした。


バネが、クルクルしているところに合わせて

きちんとロウ付けです。

さらには、金が鈍らないように一工夫!それでも避けれない金の鈍りそれでもバネ性は何とか維持できました。


見た目も問題なく、機能性もきちんと残せた貴重な修理となりました。


一見簡単そうな修理も小さな技術の組み合わせです。


他社で断られる修理はariraに一度、ご相談ください。


出来ないをできるように日々、努力しています。


ご相談お待ちしています。

閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

お願いとお詫び。

いつも大変お世話になっております。 昨晩、体調不良で救急車で運ばれました。 少し身内に連続して不幸があり、年末年始からうまく生活ができずに、 お店もありまして、何とかご来店のお客様をご案内することで精いっぱいになりました。 そのため身体と心を壊しました。 大変申し分けありません。 ただいまご注文いただいているお客様には大変ご迷惑おかけしてしまいます。 個別にメールにてご案内をしていきたいと思います

Comments


bottom of page