top of page

K18金のコイン印台リングのサイズ直し

印台リングのサイズ直しは、気を使うことが多いいです。

何より、表面の面が崩れてしまってはすべてがダメになってしまします。

さらには表側にも裏側にも模様が入っています。

表面にはダイヤが入っています。

なかなか表面も触れないので、傷がついて良いところが少ないです。

サイズ直しや石交換は、必ずご説明しますがこれらは指輪を壊す行為です。

それを私たちのような職人が修理をするのです。

なので私たちは、丁寧に壊せる。直しやすく壊せる。

そしてそれを、修復作業する。

修理とはまさにこの作業の繰り返しです。

写真からもわかるように、コイン裏側にも模様が入っていますので、すべての方向で形を壊すわけにはいきません。

うまく切って楕円にしてサイズ縮めをいたしました。

横から見てきちんと円形をバランスよく出しています。

決して、真円のような円ではありません。きちんと楕円です。

すべてを守る事ができないときは、奇麗に犠牲を作ります。

今回は、リングのうち側を楕円に維持しています。

それによってうまくバランスを保っています。


ariraでは他店では少し嫌がられるサイズ直しも承っていおります。

技術は難しさや挑戦から磨かれるものです。

出来ないをできることに、サイズ直しにもそれぞれの特徴があり一つ一つが違うものです。

特殊修理はariraにご相談ください。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

お願いとお詫び。

いつも大変お世話になっております。 昨晩、体調不良で救急車で運ばれました。 少し身内に連続して不幸があり、年末年始からうまく生活ができずに、 お店もありまして、何とかご来店のお客様をご案内することで精いっぱいになりました。 そのため身体と心を壊しました。 大変申し分けありません。 ただいまご注文いただいているお客様には大変ご迷惑おかけしてしまいます。 個別にメールにてご案内をしていきたいと思います

Comments


bottom of page